サポート担当

  • 合計アクティビティ 483
  • 前回のアクティビティ
  • メンバー登録日
  • フォロー 0ユーザー
  • フォロワー 0ユーザー
  • 投票 0
  • サブスクリプション 262

アクティビティの概要

サポート担当さんの最近のアクティビティ
  • サポート担当さんが記事を作成しました:

    ダッシュボードの設定

    画面右上の「ダッシュボードの設定」をクリックすると、アプリ管理画面「ダッシュボードの管理」が表示されます。設定してあるコンテンツが一覧で表示され一元的に管理・編集することができます。 ※ アプリに対して管理権限がない(利用権限のみの)ユーザーは「ダッシュボードの管理」がモーダルウインドウで表示されます。アプリ管理画面のその他のメニューへはアクセスできません。   1. 公開チェックのON...

  • サポート担当さんが記事を作成しました:

    自分宛の承認依頼をスマホのウィジェットに表示する

    Worksアプリからの承認依頼を、スマホのウィジェットに表示することができます。自分宛の承認依頼の中で、未承認の依頼の一覧が期限日の昇順で表示されます。 表示されたウィジェットのレコードをタップすると、Worksアプリの対象レコードが表示されます。※ウィジットのサイズは、 iOSは2行表示と5行表示の2パターン設定、Androidは任意の大きさに変更可能です。 関連記事:承認機能(ワークフ...

  • サポート担当さんが記事を作成しました:

    アプリ管理者とアプリの利用権限

    アプリに対しては、保持しているアカウントの種別にかかわらず「アプリ管理者」が最も強い権限を持ちます。 アプリ管理者とは 1.  作成者:アプリを作ったユーザー2. 入手者:アプリをストアから入手したユーザー  を指し「2」では、利用者IDを保持しているユーザーがアプリ管理者となる場合があります。 例えば、ユーザーA(利用者ID保持者)がアプリストアから入手したアプリは、 ユーザーAが「アプ...

  • サポート担当さんが記事を作成しました:

    レコードとサブレコードとは

    Worksアプリのデータ構成は「レコード」と「サブレコード」が基本になります。 例えば、顧客への対応履歴を管理したいとします。 下記の図の左側、お客様である「株式会社インターパーク」の基本情報が 親=レコードとなり、右側「株式会社インターパークに対して行ったアプローチ」の情報が 子=サブレコードとなります。親となる情報に紐付けて、子となる情報を登録して管理していくというデータ構成が基本になり...

  • サポート担当さんが記事を作成しました:

    サスケWorksとクラウドサービスサスケのアカウント連携を設定する

    サスケWorksとクラウドサービスサスケ、2つのサービスのアカウントの連携設定を行います。 アカウントの連携設定を行うことでクラウドサービスサスケ関連のデータをWorksアプリに取り込むことが可能になります。 [データ連携の一例] ● サスケLeadのシナリオ設定でWorksアプリにデータを取り込み● CloudScanの名刺アプリからWorksアプリにデータを取り込み 連携設定をすることで...

  • サポート担当さんが記事を作成しました:

    アプリの基本的な画面構成

    サスケWorksのアプリは、アプリを利用するための画面と、アプリの設定を変更・編集するための画面に分けられ、ユーザーが付与されているアプリに対する権限でアクセスできる画面が異なります。   1. アプリを利用するための画面 アプリを利用するには「レコード一覧画面」「レコード詳細画面」「レコード登録画面」の3つの画面を基本に操作を行います。 レコード一覧画面登録されたレコードの一覧を表示する画...

  • サポート担当さんが記事を作成しました:

    4. レコードを作成する

    ここではレコード(登録項目) を作成・設定していきます。 用意されているレコード項目のパーツをドラッグ&ドロップし、レコードを作成します。項目パーツの詳細は以下記事をご覧ください。 ・汎用項目パーツの詳細はこちら ・用途別項目パーツの詳細はこちら ・分類項目パーツの詳細はこちら ・外部連携項目パーツの詳細はこちら   項目パーツをドロップすると、詳細設定画面が開きます。 1. 各種設定 ...

  • サポート担当さんが記事を作成しました:

    3. 機能の選択

    各種機能の使用/不使用を設定します。利用する機能にチェックをつけてください。 1. コメント機能アプリ内で登録した各レコードの詳細画面で、コメントを記入することができます。 コメントはユーザーを指定して登録することもできて、ユーザーを指定した場合は、 受け取ったユーザーの通知(ベルアイコン)に表示されます。 関連記事:コメント機能 2. ダッシュボード機能ダッシュボード機能を利用するとアプ...

  • サポート担当さんが記事を作成しました:

    アプリ詳細設定

    アプリ詳細設定画面ではアプリ内での様々な表示方法の変更が可能です。   設定アイコンからアプリ管理画面を開き、サイドメニューの「アプリ詳細設定」ボタンから開きます   アプリ詳細設定画面 1. 登録データの名称アプリ内で扱われるデータの名称を変更できます。設定した名称は「レコード一覧」や「レコード登録」などの操作メニューの名称にも利用されます。▼例:登録データの名称を請求書に変更した場合...

  • サポート担当さんが記事を作成しました:

    サブレコード項目を追加する(開発者編集モード)

    サブレコード項目の追加は、サブレコード設定画面(開発者編集モード)で用意されているパーツをドラッグ&ドロップして追加します。   「サブレコード項目の管理」画面の一覧から修正するサブレコードを選択し設定画面を開きます。 「項目情報」タブから項目編集画面(簡易モード)を開き、右上の「管理者編集モードに切替」をクリックして切替えます。   サブレコード項目の設定画面(開発者編集モード) サブ...